久しぶりに長編成の運転をしました。長編成を運転するのは平成23年に東日本大震災以来なかったので、3年半以上ぶりです。長編成と言っても10輛編成なのですが、ボクは大震災以前でも路面電車がメインでしたし、20m車3輛編成、長くても18m車4輛編成が最大だったので、10輛編成はボクにとっては超々長編成です。とても迫力がありますネ。

 駅などのストラクチャを置きたくなりますが、ボクの環境ではやっぱり10輛編成の歩廊(プラットホーム)はムリのようです。4輛でガマンしときます(笑。

 ボディマウントカプラー搭載の10輛編成とアーノルトカプラー搭載の国鉄キハ56系気動車を並べてみたら、キハ56系が余りにも不自然に見えたので、KATOカプラーNという連結器に換装しちゃいました。

 アーノルトカプラー搭載のキハ56系気動車は2輛編成で、連結器の端から端まで29cmありました。

56_05_2611126_0043

 KATOカプラーNに換装すると、28.5cmに縮むんですね。縮む、リアルになるという認識はありましたが、2輛で5mmも縮むのは物理的にすごいなと思います。1/1スケールだと75cmですからね。

56_06_2611126_0052

56_07_2611126_0111

 とてもリアルになりました。国鉄色も最近のJR車輛にはないシャルムがありますね。めっちゃカッコイイです♪

56_08_2611126_0079

56_09_2611126_0090

関連記事
国鉄キハ56系気動車で電車ごっこ♪(KATO #10-028)
http://densyagokko.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/56kato-10-028-8.html
スポンサーサイト

56_01_2611126_0010

 3年前に某フリマで、店頭の箱にトレーン社の“Nゲージ”に混じっていた関水金属(KATO)の国鉄キハ27を見つけました。テープで「新品 動力なし 1000円」の札が貼られていました。“これは買いだナ”と思ってキープし、“もしかして動力車もあるかも♪”と箱の中を漁ってみたらありましたよ、キハ56(動力車)が!

56_02_2611126_0012

 やったゼ、セニョール♪と心の中で呟いたんですが、キハ56には値札が貼ってありませんでした。売っていた方は20代前半のキレイなお姉さんでした。そこで「これ(キハ27)も買いますが、こっち(キハ56)はおいくらですか?」と聞いてみるもんですねぇ、「イケメンに言われると弱いんだよね……いいや、2つまとめて1,500円でいいよ!持って行ってくれると嬉しいな」って答えがあったのでこれまた、やったゼってことで買っちゃいました。とってもキレイなお姉さんありがとう(笑。

 箱の中紙には「KATO」と書いてあるだけで、車輛の型番も製品番号も書いてありませんでした。さっきググってみたところ、製品番号は10-028で、「キハ56タイプ2両セット」として販売され、単体だと製品番号はキハ56が8026、キハ27が8027のようです。他にも製品番号が付されているようで「2両セット」は10-169、単体でキハ56が8032、キハ27が6033となっています。関水の番号の付け方から言って後者が新しいはずなんですが、前者のパッケージには前照燈マークが印刷されていますが、後者には印刷されていません……が印刷されていないだけで前照燈は点くようです。

 ってことですっかり放置していましたが、このたびやっと通電してみたところ、走行もスローでもスムーズだし、前照燈もちゃんと点燈しました。とってもキレイなお姉さん、どうもありがとう♪

56_03_2611126_0015

56_04_2611126_0032

大日本百貨店『京丸デパート』総本店の建設☆No.03♪<前

 大日本百貨店「京丸デパート」総本店の塗装も二転三転しましたが、ようやく頭の中でまとまってきました。今後の工程としては次のように考えています。

 1.建物全体の塗装。
 2.中央玄関と扉の製作。
 3.前面の加工と塗装の修正。
 4.窓の桟の加工。
 5.ショーウィンドウと看板類の製作。
 6.屋上設備の設置。


 しかしながら、2と3、3と4は互い確認しながらの作業になるので、2から5まではちょっと時間がないと踏み込みにくいかな。時間を見つけて、勢いで作業してしまおうと思います。

 さてさて、4まで作業が終わってしまうと、大きな作業はなくなるので、屋上設備の考察(っていうほどでもないしw)をしてみました。

_01_261110_0002

 屋上の面積はかなりデカめです。トミーテックの建物コレクションのサイズに馴れていると、一際広い面積に見えてしまいます。幅が195mmってことは1/1だと29mになります。大丸心斎橋店の幅は80m弱なので、実物からすれば29mはさほど大きくはありませんが、Nゲージのストラクチャとしては、ボクにとっては大きいものだと思っています。というのは、駅舎以外ストラクチャは大本山護国寺の大本堂の大きさより小さい物を使う、と決めていたからです。

_02_261110_0028

 試しに大本山護国寺の大本堂(法隆寺金堂を使用)と比較してみました(画像縦が幅)。奥行きこそは大本堂の方がありますが、幅は断然ですね。

_04_261110_0009

 これだけ屋上が広いと、色々置けそうです。展望塔、噴水、ベンチ、勧請社、スナックパーク売り場を置こうと考えています。

_03_261110_0010

 展望塔は7mmほど下駄を履かして塗装することにしました、

 百貨店やビルの勧請社は一般的には稲荷大明神を勧請しますが、ここ京極市は大本山護国寺を鎮守としているので護国寺内の垂迹神社から勧請したお社という設定です。当初はレゼルヴェしておいたグリーンマックスの「入母屋商家・蔵キット」に付属している鎮守社を使おうと思ったのですが、小っちゃ過ぎるような気がしたので、建コレ神社の本殿(神殿)を使おうかと考えて置いてみたら、意外に大きくて選択に困っているところです。

 スナックパークは関西人なら誰でも知っていると思いますが、屋上に簡単な飲食をできる憩いのコーナーを配置したいと思います。まだどのキットを応用するか決めていませんけどね。ちなみに、“イカ焼き”や“デラパン”も売っています♪

_05_261110_0023



大日本百貨店『京丸デパート』総本店の建設☆インデックス
大日本百貨店『京丸デパート』総本店の建設☆No.01♪
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
大日本百貨店『京丸デパート』総本店の建設☆No.02♪
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
大日本百貨店『京丸デパート』総本店の建設☆No.03♪
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

大日本百貨店『京丸デパート』総本店の建設☆No.02♪<前

 やはり寺院ストラクチャ関連のキーワードで、弊ブログにたどりつかれる方が絶えませんね。毎日というわけじゃありませんが、比較的コンスタントにアクセスがあります。

 トミーテック建物コレクションのお堂をNゲージのストラクチャとして使おうとしても、みなさん同じ物を使われているので、ためらってしまって、プラモデルを物色してしまうのも、むべなるかなです。プラモデルも洋上軍艦のウォーターラインシリーズは1/700スケールで各社が統一しているように、建物プラモもいくつかのスケールに糾合するといいですね。建コレは建コレで評価はしていますが、建コレの独壇場な状態も好ましくはないような……

 さて、大日本百貨店『丸京デパート』本店ですが、「大丸」心斎橋店を意識した塗装を想定していました。そこでNo.01の画像のとおり、1階4階と2階3階を色分けして塗装してみたわけですが、あまりにも想像していたイマージュと懸け離れてしまいました(苦笑。

_01_261106_0007

 本来、このキットは工場で↑このように塗装するそうです。やっぱり、工場だけあってちょっと寒そうな塗装ですねぇ……

_02_261106

 それに半地下の窓が百貨店って感じがしません。ショーウィンドウを貼り付けてしまうとか、裏からプラ板を貼り付けてしまうとかの方法も考えていますが、中央には大きめな入り口を作るのでごまかせるじゃないかと考えています。

 で、肝心要の塗装ですが、キットの見本イラストに準じて更に塗装し直したのですが、これも気に入らず、結局、全部、煉瓦色に塗装し直すことにしました。いったいいつになったら、竣工できるやら(苦笑。



大日本百貨店『京丸デパート』総本店の建設☆インデックス
大日本百貨店『京丸デパート』総本店の建設☆No.01♪
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
大日本百貨店『京丸デパート』総本店の建設☆No.02♪
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

450001

 少しばかり時間ができたので、3年7ヵ月間しまっておいた鉄道コレクション第13弾「島原鉄道キハ4500形」気動車の動力化工事に取りかかり、無事故で竣工しました。

 作業自体は大したことはありませんが、ボクは未経験の鉄コレ動力化をした者として、説明書はちょっと不親切な感じが否めないです(苦笑。

 動力ユニットは20m級A3(TM-15)を使用します。台車枠(台車パーツランナー)がDT19、DT22、TR29の3種類、床下スペーサーランナーがL、M、Sの3種類同梱されていますが、そのいずれを使うのか、まったく説明されておらず、初めて動力化する人には戸惑っちゃうこともあるかと思います(汗。

450002

 さて、上述の通り、動力化そのものは簡単です。鉄コレに同梱されている「動力ユニットの組み込み方」を見ればバカでもチョンでもできます。注意する点としてはテールライトレンズが外れやすいこととその装着の向き程度ですが、それは同書のマル2と3を見れば簡単に対処できます。

450003

 上の写真は取り外してしまった後ですが、鉄コレから床下機器とダミーカプラーを外します。

 「組み込み方」のマル4までの工程が終わりましたら、先ほど取り外した床下機器を取り付けます。床下スペーサーランナーのSを使って、これまた先ほど取り外したダミーカプラーを取り付けます。

450004

 そうしたら、台車枠DT-19をランナーから外して接着剤で取り付ければ完成です。全作業は10分も掛かりませんが、3種類も部品があると、どれをつけたらいいのか迷って……

 実車は国鉄キハ10系気動車の中身に、ボディは独自のものになっているようです。湘南型っぽい妻面ですネ。国鉄のL特急もそうですが、肌色の地に赤色のヒゲのニャンコみたいで愛嬌がありつつも、ブリュスクマンさがあって好きです。

 ボクは気動車は数えるほどしか所有していないので、この島原鉄道キハ4500形はボクにとっては貴重な蔵車となりました♪

450005

450006

450007

450008

450009

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。