この五重塔はフジミ模型の法隆寺の五重塔(1/150)を朱塗りにして組み立てたものです。一概には言えませんが、朱塗りは寺格が高いらしいです。実在しないお寺を造るのですから、実物に拘る必要はないし、これを朱塗りで造るような人もいないでしょう。でも高さが21.2cm(31.8m)もある堂々としたものですよ。

 ちなみにトミーテックの五重塔も持っていますが、高さは17cm(25.5m)なので、かなりこぢんまりしていて、大本山にあるような感じはしません(だからといって、小さなお寺には五重塔はないので、リアルな設定を考えると五重塔の扱いはちょっと難しいかも。五重塔は全国に22基しか存在しないので、五重塔のあるお寺はかなりレアです)。

●フジミ模型の法隆寺の五重塔21.2cmは
 法隆寺の五重塔21cm(31.5m)、
 大本山池上本門寺の
五重塔21.2cm(31.8m)に相当します。

●トミーテックの五重塔17cm
 法起寺の三重塔15.9cm(23.9m)、
 佐渡妙宣寺の五重塔16cm(24.1m)が一番近いと思います。

 ですのでフジミ模型とトミーテック、どちらが良い悪いではなく、どういう情景を作るのかによって使い分けるのがいいと思います。ストラクチャーが犇(ひし)めき合う大都市のお寺や樹木に覆われた山寺なら断然トミーテックの五重塔がいいと思いますが、ボクの場合は平地の大本山という設定なので以前造ったフジミの五重塔を引っ張りだしてみました。

 以下の写真は五重塔が傾いちゃってますが、置き方が悪かっただけですので、ご容赦を(笑。

01_0048

02_0049

06_0065

03_0045

04_0054

05_0052

 みっつ並べてみるとこんな佇まいに♪(^_^)/

07_0057

 ここまで至るのに紆余曲折(ってほどでもないけどw)がありました。童友社の浅草寺と興福寺の五重塔も組み立てました。浅草寺も興福寺も同じ鋳型を使ってコスト削減しているようです。1/400スケールなので、そのままではNゲージでは使えませんが、遠景や山の上に設置するには使えると思いました。

関連記事
お寺の山門
http://densyagokko.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-f9ef.html
お寺の大本堂
http://densyagokko.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-4775.html
お堂の建立
http://densyagokko.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-b9e1.html
門前町のお仏壇屋さん
http://densyagokko.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-ec5c.html
スポンサーサイト

 ご無沙汰してます。前回の記事から18日ぶりですね。忙しかったというのもありますが、ブログの制限される表現(ページのレイアウト)に飽き足らなくなって、ホムペを作っていました。まだ完成していませんが、よかったら見てくださいな♪

★京極日本鐵道模式会社公式サイト
http://railways.digi2.jp/


 まだ完成していません。メニューの中には無効のリンクもあるので、弊社サイトのトップページにある「ご注意!!」を参照してくださいね。

 それと自己満目的なので、検索ロボットに拾われないようにしてまいす。

00

 ─◇──◇──◇──◇──◇──◇──◇──◇──◇──◇─

 さて、現在取り掛かろうとしている作業は、京浜電鉄のデ51型電車のトロリーポールを交換することです。撮影していたら、ポロっと取れちゃいました(^_^;)

 それと都電6000形をベースにしたフリーランスの花電車ですが、改修することにしました(^_-)b

関連記事東西両雄!?トロリーポール電車de看板画像
http://densyagokko.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/de-64c2.html