この国鉄44系客車(青大将)はある方からいただいた物です。ただ残念ながらボクはEF58電気機関車は青大将色を所有していません(苦笑。青大将色の電機もほしかったですw

01

02

 なんか年代物って感じですネ。箱の中紙が緑色や青色のは見たことありますが、茶色は見たことありませんでした。もしかしたら昭和時代に発売されたヴェルシオンかもしれません。ところで、関水金属の鉄軌マークですが、複線プラス1本なのは何か由来があるんでしょうかネ。

03

 所有編成は、
  [スハニ35]+[マシ35]+[マイテ49]
 で、関水金属(KATO)の製品です。


 実物の編成とは違って、ずいぶんとこぢんまりとしていますが、ボクが所有しているのは3輛のみだし、ボクの歩廊(プラットホーム)の有効長が4輛編成までなので、機関車も含めればちょうどぴったしなんですよ。

 色々な電車・列車のフル編成を購入される方も多いようで羨ましい限りですが、フル編成はお金もかかるし、歩廊の有効長ということで4輛編成で割切ってしまうと、その分、レペトワは増えますからネ。もちろん長編成の貨物列車は捨てきれないヴュなので別腹ではありますが(w。

 関水金属の製品番号は、
  スハニ35が#510-2、
   マシ35が#513-2、
  マイテ49が#514-2
 と、なっています。最近のマイテ49茶色が#5014-1なので、おそらく最新のは旧番号に0を入れて4桁にし、ハイフン後の数字の1は茶色、2は青大将色なんだろうと思います。


04

 ↑スハニ35三等荷物合造急車です。

05

 ↑マシ35食堂車です。どんなお料理を供していたんでしょうネ。

06

 ↑マイテ49一等展望車の三軸ボギー台車です。たしか日本で最初の三軸ボギー車は明治時代で日本鉄道という私鉄(後に帝国鉄道院に引き継がれる)でしたネ(ちなみに日本初のボギー電車は京濱電気鐵道の1号型電動客車)。

07

 ↑マイテ49一等展望車です。

08

09

    十番線から大阪ゆき
     一、二、三等特別急行列車発車いたします♪
    右に見えるは 富士の山♪
    左に見えるは 駿河湾♪
    仲をとりもつ 展望車♪
    沼津食わずの 三等車♪
    東京 京都 大阪♪
    ウウウウウウウウ ポポ♪

      昭和26年(C)三木鶏郎「僕は特急の機関士で(東海道の巻)」


 ってか、二等客車がないしw。ちなみに、現在でも帝都・東京駅の9番線・10番線は東海道線の歩廊です♪
スポンサーサイト