『機回しと国鉄ED16形電気機関車で電車ごっこ♪(KATO #3068)[第54号27/09/08(火)]』の記事に、「こるとれーん」さんという方から「ED16へは KATO 28-150 マグネティックナックルカプラーS短(長でも可)が装着できます。そのままだとカプラーの首振に少しひっかかりが生じますが、実用上は問題ないようです。」とのコメントをいただきました。ありがとうございました。

 そこで関水金属(KATO)#28-150マグネティックナックルカプラーS短を買いに、模型屋さんに行ったのですが、在庫がないとのことなので取り寄せてもらい、昨日、国鉄ED16形電気機関車(KATO #3068)の連結器をマグネティックナックルカプラーS短に換装工事をしました。


ED16マグネティックカプラー01

 本換装工事で、マグネティックナックルカプラー装着機関車は4輛目となります。EF58お召し(#3006-9)、EH10(#3005-1)、DD13(#7001)はかなり前に、マグネティックナックルカプラーに換装済みです。※但し、EF58お召し機は、マイクロエースの御召し客車・旧1號編成(#A4720)を牽引させるため、片っぽのみ換装。

 換装そのものは難しくはありませんが、自動解放するように解放ピンを調整するのが大変でした。アンカプラー線路62mm(#20-032)上で停止すると、本来なら連結器が右に大きく振れるのですが、左に振れてしまったり、まったく振れなかったりするので、細かい調整を要しました。


ED16マグネティックカプラー02

ED16マグネティックカプラー03

ED16マグネティックカプラー04

 やはり、アーノルトカプラー(アーノルドカプラー)装着時と違って、ずいぶんフェイスが変わりますね。ボクは信頼性と互換性、そして扱いやすさからアーノルトカプラーよく使いますが、換装すると引き締まった感じがします。

 マグネティックカプラー換装済みヨ8000(KATO#8022)を使って、試してみようと思ったのですが、換装済みヨ8000が見付からなかったので、未換装のヨ8000の2輛にマグネティックカプラーを装着しようとしたら、2軸貨車ってマグネティックナックルカプラーOS(#28-088)だったんですね……仕方がないので、換装済みDD13(KATO#7001)で試してみました。

 DD13ディーゼル機関車がED16電気機関車をお迎えにきました♪


ED16マグネティックカプラー05

 連結、出発進行♪

ED16マグネティックカプラー06

 アンカプラー線路上で、停止! ちゃんと自動解放してます。

ED16マグネティックカプラー07

 さようならー♪

ED16マグネティックカプラー08

 このお話の視点は、でんききかんしゃED16がた、でした。ちゃらんちゃっちゃっちゃっちゃんちゃん♪(Voice of 森本レオさん)


関連記事
国鉄ED16形電気機関車で電車ごっこ♪(KATO #3068)
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-68.html
DD13で貨物列車ごっこ♪(KATO #7001)
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
スポンサーサイト

 FC2の新本店ブログより、更新を止めたココログの旧本店ブログの方がアクセスが圧倒的に多いです。Googleでは新本店のヒット率の方が高いのですが、Yahoo! JAPANからと意外なことにトレイン・トレインからのアクセスが多いのも驚きですw。

 さてさて、関水金属(KATO)の国鉄ED16形電気機関車で遊んでみました♪

国鉄ED16形電気機関車01
[ED16]+[ワム70000]+[ワム70000]+[ワム80000]+[ワム80000]+[チキ5500]+[ヨ8000]

 ボクが幼い頃、「(動力集中方式の)列車って、片っぽにしか運転席がないけど、終端駅に着いたら機関車はどうするんだろう?」と子供ながらに疑問に思っていたことがあります。プラレールならエンドレスだからそういう問題はありませんが、実際には環状運転している訳ではないので、いつかは終点になるのにどうするんだろうと……

 その疑問が小学生のとき、解けました。祖母が家である映画を見てました。「専務車掌」さんという太っている人が出てくる映画で、九州のどこかが舞台だったような、小学生のときの記憶なので曖昧ですが、寝台列車が歩廊に入って、客車先端に連結されていた電気機関車が隣の待避線のようなところを単独で走って、客車の後端に向うシーンがありました。ボクはそれを見て、終着駅に着いたら機関車(EL&DL)はこうやって前に回るんだなと、子供ながらに得心しました。

 それが後に、フランキー堺さん主演の映画「旅行シリーズ」のシーンらしいと分かりましたし、それを「機回し」と呼ばれるものであることも分かりました。それでボクは電気機関車とディーゼル機関車はKATOで販売されているマグネマティックカプラーを取り付けることにしています。貨車列の前後に、片っぽだけマグネマティックカプラーを取り付けた車掌車があれば、機回しができるので、国鉄DD13形ディーゼル機関車などにも取り付けています。

国鉄DD13形ディーゼル機関車01

 そろそろED16形にもマグネマティックカプラーを取り付けようと思って、模型屋さんに聞いてみましたが、この製品はマグネマティックカプラーに対応していないそうです……どうしたもんでしょうか(苦笑。

 ところで、みなさんは終端駅では機関車どうされています? マグネマティックカプラーで機回しされいますか? それともお手々で機回しされていますか? それとも機回しはしないと割り切っていますか?

国鉄ED16形電気機関車02

 それにしても、昔の電気機関車はカッコイーですね♪



関連記事
DD13で貨物列車ごっこ♪(KATO #7001)
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
タンク車、タキ50000形&タキ43000形で貨物ごっこ♪(カワイKP-101,KATO #8013-1)
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
戦車運搬車輛で電車ごっこ♪(ARNOLD #4970)
http://densyagokko.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

 某有名リサイクルショップで面白いものを見つけました。それはトミックスの「K.S.K.タイプCタンク機関車(K.S.K.=汽車製造)」(香港バックマン社製)です。何とも魅力的な小型でかわいい蒸気機関車です。この手の小型の蒸機は好きです。C62やD51などの大型蒸機も好きですが、小型の蒸機には特有な魅力があります。小さな客車や貨車を牽いて走る姿は、心の中に情景を写して余りある感じがします。

Ksk_01_0014

 「これ、ほしいナ」と思ったものの、「どーせ高いんだろうナ」と諦めたんですが、お値札見たら1,620円じゃないですか。これは買わないわけにはいかないナ、と買っちゃいました♪

Ksk_02_0014

Ksk_03_0030

 品番は#2001のようです。この香港製のプラケースは壊れやすいと思うのですが、壊れていませんでした。しかしおうちに帰って、試運転してみたら、動きませんでした。

 そこで分解して、モーターから歯車まではずして、お掃除しました。構造的な問題なのか、走行させた環境の問題なのかもしれませんが、中は結構、ホコリがありました。

 ピストン・ロッドをハメるのに苦労しましたが、何とか組み立ても竣工し、最後にケースのお値札シールをエタノールでキレイキレイに剥がしました。

 さっそく軌上公試しましたが、順調に走行しました。ネットで調べてみたら、昭和51年(昭和57年頃まで)に販売されたそうですが、38年(32年頃)前の製品とは思えない走りっぷりです♪

 ネット情報では、汽車製造会社製で南薩鉄道5號機とのことです。こういう車輛もNゲージ車輛として製品化できるなら、是非とも雨宮製作所(大日本軌道)の蒸機も製品化してほしいですネ。

Ksk_04_0060

Ksk_05_0053

Ksk_06_0066

Ksk_07_0040

Ksk_08_0050

 そのうち、他の小型蒸機と比較したり、客車を牽かせてみたいと思います。それと前だけマグネティックカプラーに換装できひんかな……っと♪

 京極日本鐵道のサイト(以下、弊社サイト)の存在は友人知人にはまったく教えていません。ボクは鉄道ファンではなく、単なる電車好きで、電車ごっこしているだけなので、人を巻き込みたくないし、目立ちたくないっていうのもあって、わざわざ教えていませんでした。単なるお遊びに“鉄道ファン”という言葉で括られるのも、何だか場違いのような気がしますからね。正直なところ、ボクは鉄道に関する知識は殆ど持ち合わせていませんし、また求道する気もありません、好き勝手に並べて遊んでいるだけです、実車もそれほど興味がありません。乗鉄、撮鉄などどれも該当しませんし、模鉄と言っても子供の遊び程度ですから。ただ、お友だちの中にはボクがNゲージなる鉄道模型で遊んでいることを知っている人が数人いてはります。そのお友だちの一人に弊社サイトを発見されてしまいました。自己満足サイトなので検索ロボットに拾われないようにしていたのですが……それで「あれ?前は『京極日本鐵道』ではなく、『京極大日本鐵道』じゃなかったっけ?」と言われちゃいました。そうです、前にNゲージを見せる機会があり、「この電車、どこの鉄道なの?」と聞かれたときに京極大日本鐵道と答えたことを憶えていたんですね(苦笑。それで本日、弊社サイトは慌てて「京極日本鐵道」から「京極大日本鐵道」に表記を変更いたしました。まさか憶えているとは思いませんでした(笑。ってことで、過去のことは忘れてくださいな♪w

 さてさて、閑話休題です。最近は貨物列車で遊びたい気分です。たまにどうしても貨物列車で遊びたい気持が擡げて来ちゃいます。ボクのばあい、花形の車輛より、路面電車や通勤電車、貨物列車などの日常的な車輛の方が好きです。ただ貨物はそれほど所有していませんけどね(笑。

Dd13_01_261006_0032

 そういうことで引っ張り出して、撮影してみました。関水金属(KATO#7001)の国鉄DD13内燃機関車(ディーゼル機関車)です。ボクは基本的に電車主義なので、機関車はあまり所有していませんが、その少ないうちの1輛です。

Dd13_02_261006_0040

 入れ替えごっこができるように、KATO発売のマグネマティックカプラー(米国マイクロトレインズ社製)を装備しています。ただし入れ替えと言っても、貨車の入れ替えではなく、機関車の入れ替えです。島式ホームの両端に分岐器を置けば、機関車の方向を変えることができるので、それをしたかったんです。

Dd13_03_261006_0043

 この編成は、[DD13]+[タキ43000]+[タキ43000]+[ヨ8000]です。

Dd13_04_261006_0045

Dd13_05_261006_0049

★京極大日本鐵道模式会社公式サイト
http://railways.digi2.jp/


関連カテゴリ
07.Nゲージ貨車
http://densyagokko.cocolog-nifty.com/blog/n_3/index.html

Index15_2

 可愛がってくれた叔父さんが小学校1年生のときに、阿川弘之さんの「きかんしゃやえもん」の本を買ってくれました。機関車を擬人化したお話です。最新の電気機関車さん、ディーゼル機関車さんに老いぼれ扱いされた蒸気機関車のやえもんさんがガンバるというお話です。やえもんさんのガンバりが空回りして、火の粉をまきちらし火事をおこしてしまい、スクラップ寸前のところで交通博物館に保存されることになったということです。それで叔父さんにやえもんさんが見たくて交通博物館に連れて行ってもらった想い出があります。

 交通博物館はデートも含めて数え切れないほど行きましたが、最後に行ったのは平成18年5月の閉館間近でした。ふだんお客さんはあまりいないのに、閉館間際だったのでたくさんいました。やえもんこと1号機関車(国鉄150形蒸気機関車)の前に立つと、可愛がってくれた亡くなった叔父のことを思い出したりして、涙が出てきました。思わず、大和田建樹さんの「汽笛一声新橋をはや我汽車は離れたり♪」を口吟んでいました。

 1号機関車というとそんな想い出がありました。この1号機関車(有井製作所)を買ったのは、平成15年でした。C62などの大型蒸機も魅力がありますが、ちっちゃい蒸機にしかない魅力、可愛さがあるなと思いました。

 それで新橋停車場モドキ(風味)のペーパークラフトをパソコンで制作してみようと考えていましたが、実現していません(笑。

*この記事は平成24年12月06日(木)に書いたものです。

関連カテゴリ
06.Nゲージ【客車】http://densyagokko.cocolog-nifty.com/blog/05n/index.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。